" /> 定額法の計算 | tax-info
現在、自力で確定申告ができるサイトを構築中、徐々に充実させる予定です。記事内容につきましては十分注意しておりますが、申告等にあたっては自己責任でお願いします。

定額法の計算

所得税
この記事は約2分で読めます。
減価償却資産の取得

青色申告者で令和○年6月25日につぎのパソコン、モニター、ソフトを購入しました。
なお、消費税については免税事業者です。

デスクトップ本体500,000円
モニター2台500,000円(マルチモニターで使用)
消費税100,000円
1,100,000円
 画像処理ソフト 250,000円(ライセンスキー5つまで)
消費税25,000円
275,000円
取得費の判定

青色事業者で取得価額が30万円未満である少額減価償却資産は、事業の用に供した年に一時に費用に算入することができます。(詳しくは国税庁HP 👈クリック)

モニター2台なので、1台当たり275,000円(消費税込み)です。取得価額の判定は1単位で判定しますので、この場合はデスクトップパソコンとモニターは一体と見ることになりますので、1,100,000円が取得価額になります。

一方、画像処理ソフトは、ライセンスキーが複数あることから他のパソコンにもインストールすることができるものと思いますので、このソフトはこれだけで1単位と判定してよいと思います。

画像処理ソフトは少額減価償却資産として一時に費用処理します。
なお、確定申告書に少額減価償却資産の取得価額に関する明細書を添付することが必要ですから忘れないでください。(記載例は国税庁HP 👈クリック)

減価償却費の計算

step1
パソコンの耐用年数を調べます。
耐用年数表を見ると(国税庁HP 👈クリック)「パーソナルコンピュータ(サーバー用のものを除く。)」は4年となっています。

step2
耐用年数4年、定額法の償却率見ます。
減価償却資産の償却率表(国税庁HP 👈クリック)の平成19年4月1日以後取得、定額法償却率、耐用年数4年をみると「0.250」となっています。

step3
1年目の償却費の計算
1,100,000円(注1)X 0.250(償却率)X 6月(注2)/12月=137,500円
(注1)消費税の免税事業者なので取得価額は税込みの価額になります。
(注2)年の中途6月25日に取得しているので、1月未満を切り上げて6ヶ月分の償却となります。

2年目〜4年目の償却費の計算
1,100,000円X0.250(償却率)=275,000円

5年目の償却費の計算
1,100,000円X0.250(償却率)X6月/12月 ― 1円(注)=137,499円
(注)備忘価額1円を帳簿に残し、パソコンを除却したら1円は費用に計上します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました