" /> 上場株式等の譲渡損失の損益通算と繰越控除 | tax-info
現在、自力で確定申告ができるサイトを構築中、徐々に充実させる予定です。記事内容につきましては十分注意しておりますが、申告等にあたっては自己責任でお願いします。

上場株式等の譲渡損失の損益通算と繰越控除

所得税
この記事は約2分で読めます。

特定口座内で損益通算

特定口座で源泉徴収ありを選択しておけば、上場株式等の配当等を特定口座で受け取ることができます。もし、上場株式等の1年間の売買が譲渡損失となった場合には、証券会社の方で配当等と損益通算を行ってくれます。

損益通算の結果、配当等の源泉徴収税額が過納となった場合には、証券会社の口座に還付してくれます。つまり、特定口座内で損益通算が行われるため、原則、確定申告は不要になります。

複数の特定口座がある場合

特定口座が一つだけなら、確定申告をしなくても特定口座(源泉徴収あり)内で課税関係が完結します※が、複数の証券会社と取引を行った結果、特定口座が複数ある場合があります。
※上場株式の譲渡損失の繰越控除の適用を受ける場合は確定申告が必要です。

証券会社をまたがる損益通算はできませんので、配当等の源泉徴収税額の過納分の還付を受ける場合は、確定申告(申告分離)をする必要があります。

上場株式等の譲渡損失の繰越控除

1年間の上場株式の売買の結果、譲渡損失となった場合は、まず上場株式等の配当等と損益通算をします。

損益通算をしてもなお赤字の場合は、翌年以後3年間にわたり赤字を繰り越すことができます。
繰越した結果、例えば翌年の特定口座が黒字になれば、その黒字から繰越した赤字を控除することができます。

なお、損失の繰越控除をする場合には、その後の年において連続して確定申告書を提出する必要がありますので、ご留意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました