" /> 上場株式等の特定口座 | tax-info
現在、自力で確定申告ができるサイトを構築中、徐々に充実させる予定です。記事内容につきましては十分注意しておりますが、申告等にあたっては自己責任でお願いします。

上場株式等の特定口座

所得税
この記事は約2分で読めます。

個人が上場株式で資金運用するためには、証券会社に口座を開かなければなりません。

証券会社の口座には、一般口座、特定口座(源泉徴収口座・簡易申告口座)があります。

一般口座

一般口座だと、自らが1年間の譲渡損益や配当を集計して申告しなければなりません。
手間を省きたい方は、つぎの特定口座がおすすめです。

特定口座

上場株式の譲渡益は、原則、確定申告が必要です。
譲渡損益は、譲渡代金から取得費を差し引きますが、同一銘柄を複数回に渡っ取得していると「総平均法」(国税庁HP 👈クリック)という計算方法で1株あたりの取得費を出さなければなりません。

頻繁に売買しているような場合、エクセルなどで計算しなければならず、思った以上に面倒です。また上場株式の譲渡損が出た場合、上場株式の配当と通算できますが、この計算も面倒です。

証券会社で口座を開くときに、特定口座を選択しておけば、これらの計算は証券会社でやってくれます。

特定口座には、源泉徴収口座(源泉あり)と簡易申告口座(源泉なし)があります。
「源泉徴収を選択する」にチェックを入れておけば、証券会社で株や配当の源泉徴収まで済ませてくれますので、特定口座が黒字の場合は原則、確定申告をしなくてもよくなります。

確定申告した方がよい場合

上場株式の譲渡損と上場株式の配当を通算してもまだ赤字の場合、その赤字は3年間繰り越すことができます。この譲渡損失を繰り越す場合には、確定申告をしなければなりません。

さらに、前年以前に繰り越されて来た譲渡損失と今年の譲渡益を通算する場合も確定申告が必要となります。

特定口座は1証券会社につき1人1口座しか作れませんが、複数の証券会社と取引すれば特定口座を複数持てます。複数口座がある場合で、黒字の特定口座と赤字の特定口座があるときは、赤字と黒字を通算した方が有利になりますが、通算する場合には確定申告が必要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました