" /> 副業・兼業の人の確定申告義務 | tax-info
現在、自力で確定申告ができるサイトを構築中、徐々に充実させる予定です。記事内容につきましては十分注意しておりますが、申告等にあたっては自己責任でお願いします。

副業・兼業の人の確定申告義務

所得税
この記事は約1分で読めます。

給与所得のある人の確定申告義務

副業・兼業の人は、通常他から給料を受け取っていると思います。
つまり給与所得のある人の確定申告義務ということになります。

給与の年間収入金額が2,000万円を超える場合

給与が2,000万円を超える場合は、そもそも年末調整の対象にもなっていませんので、確定申告が必要です。

給与以外の所得が20万円超の場合

1ヶ所からの給与の人

つぎの全てに該当する人です。
・給与を1か所から受けている。
・給与の全部が源泉徴収の対象である。
・給与所得と退職所得以外の各種所得の合計額が20万円を超える。

2ヶ所以上からの給与の人

つぎの全てに該当する人です。
・給与を2か所以上から受けている。
・その給与の全部が源泉徴収の対象となる。
・年末調整をされなかった給与の収入金額と、給与所得と退職所得以外の各種所得の合計額が20万円を超える。

同族会社の役員やその親族など

つぎの全てに該当する人です。
・同族会社の役員やその親族などである。
・その同族会社から給与のほかに、貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました